腸内環境を改善する方法 トップ

腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことが大事

腸内環境を改善するには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが大事です。腸内細菌は、食べ物の消化・吸収、腸のぜん動運動、免疫力の活性化にかかわっており、菌をいかにコントロールするかが腸内環境改善のカギになります。

善玉菌が増えることで、腸のぜん動運動がうながされて便秘解消につながったり、人体の約70%が集まっているとされる腸内の免疫細胞を活性化したりすることができます。

逆に悪玉菌が増えることで腸内の有害物質が増えて、便秘になったり、便やおならが臭くなったり、口臭や体臭が発生したり、さらには肌荒れが起きたりもします。

腸内環境を整えるには、とにかく善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすということが大事なのです。

悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方法

悪玉菌の増殖を抑える、そして善玉菌を増やす方法として「ヨーグルトや乳酸菌飲料、味噌などの発酵食品を摂る」「生活習慣を整える」「ストレスを減らす」「運動をする」などがあります。

  • 発酵食品を摂る
  • 生活習慣を整える
  • ストレスを減らす
  • 運動をする

これらを意識しておこなうことで腸内細菌のバランスが整い、便秘解消につながったり、肌荒れがおさまったりするという効果が期待できます。

ヨーグルトなどの発酵食品を摂る

食べ物で善玉菌を増やすには「直接、善玉菌を含む食品を摂る」か「腸内で善玉菌を増やすはたらきをする食品を摂る」かのどちらかが必要です。

善玉菌には大きくわけると【ビフィズス菌】と【乳酸菌】の 2つがあり、腸内環境を整える主役の善玉菌はビフィズス菌、そのサポート役がいろいろな乳酸菌です。

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含むのは、ヨーグルト・乳酸菌飲料・味噌・漬物などの発酵食品です。とくにヨーグルトには豊富に含まれているので、毎日ヨーグルトを食べる習慣を身につけることは、腸内環境改善の近道になります。

和食中心の生活を送っている場合は、味噌汁や漬物、納豆などで善玉菌を摂っていきましょう。

さらに、善玉菌のエサとなる【オリゴ糖】や【食物繊維】をしっかり摂ることも大事です。これらは善玉菌を増やすだけでなく、便をやわらかくする効果もあるので、便秘に悩んでいる方にはとくにオススメです。

食べ物で腸内環境を整えるときの注意点として「糖質や脂質の摂りすぎに注意する」「カロリーの摂りすぎに注意する」などがあります。ヨーグルトには脂質が多く、乳酸菌飲料には糖質が多いためです。

ダイエット中の方や、乳製品が苦手であるという方もいると思います。そういった場合には、低カロリーで善玉菌がギュッと凝縮されている、サプリメントでの摂取をオススメします。

もうひとつ重要なのは、善玉菌を増やすことだけを意識するのではなく、悪玉菌が増える原因になる、肉類やお菓子などの摂取を控えめにするということです。

肉類を摂りすぎると胃や小腸で消化しきれず大腸に届き、そこで悪玉菌によって分解されます。すると有害物質が発生して、便やおならの臭い、口臭や体臭などの原因になったり、便秘になったりしてしまいます。

悪玉菌の増殖は善玉菌を減らすことにつながり、腸内環境は悪化します。善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減らすことにも注意するべきでしょう。

生活習慣を整える

生活習慣を整えることも大事です。睡眠不足や不規則な食生活などは、悪玉菌を増やす要因になります。過度のアルコール摂取、暴飲暴食も同じです。

なるべく決まった時間に食事をして、睡眠時間は最低6時間はとるようにしましょう。また週2回は休刊日をもうけて、ドカ食いなどにも注意しましょう。なかなかむずかしいと思いますが、できることから実践することが大事です。

ストレスを減らす

ストレスも悪玉菌を増やす原因になります。胃腸の動きは自律神経がになっていますが、ストレスを強く受けると自律神経が乱れて、胃や腸の動きが弱くなってしまいます

その結果、消化が不十分になったり、腸のぜん動運動が弱くなって便秘になったりしてしまいます。便秘は腸内環境悪化の大きな要因になりますので、気をつけたいところ。

仕事やプライベートなど、現代の生活はストレスを受けるシーンが多いですが、趣味や音楽、スポーツなどをとおしてストレスを発散したり、軽減したりしていくことが大事です。

運動をする

運動をすることで筋力が上がり便を出しやすくなったり、腸が刺激されてぜん動運動がうながされたりします。またストレス解消にも適しており、腸内環境の改善に良い効果を発揮します。

ポイントは、毎日続けるということ。少しでも良いので、毎日20分間のウォーキングやジョギングをしたり、お腹の部分をひねるようなストレッチをしたりしましょう。全身の筋肉がほぐれ、リラックス効果も高まります。

善玉菌を効率的に摂るにはサプリがオススメ

上記のような腸内環境の改善法を実践するのが理想ですが、現実にはとてもむずかしいと思います。

食べ物で善玉菌を摂るにはレシピを考える必要があり、手間がかかりますし、善玉菌の量をある程度確保しようとすると意外にお金がかかります。また、ヨーグルトで摂取する場合はカロリーも気になります。

運動は健康のためにも大事ですが、腸内環境の改善のためと思うと、効果がなかなか目に見えにくいものだけに長続きしないかもしれません。いきなり生活習慣を整えるというのも、仕事が忙しい場合などはきびしいものです。

そこでオススメなのが、サプリメントで善玉菌を摂るという方法です。

専用サプリなら善玉菌がギュッと凝縮されていますし、カロリーも非常に低く、乳製品が苦手な方やダイエット中の方にも適しています。そして、サプリを製造している会社の研究により、善玉菌が増える効果が実証されているものが多いので安心です。

生活のなかで腸内環境を整えるのが理想ですが、いきなりガラッと生活習慣を変えるのはむずかしい。

それなら、まずはサプリで補いましょう。サプリで効果が実感できれば、腸内環境の改善に前向きになり、よりむずかしい食生活や生活習慣の改善などにも手をつけることができるようになるかもしれません。

数ある善玉菌サプリのなかでオススメなのが「ビフィーナS」です。

ビフィーナS

ビフィーナS
【菌種と数】ビフィズス菌 50億個、乳酸菌 10億個
【内容量】1箱 30包入り
【初回限定】30包 : 2,980円(876円OFF)
【定期コース】60包 : 5,875円(20%OFF)
公式サイトはこちら

ビフィーナS には 50億個のビフィズス菌と 10億個の乳酸菌が配合されており、さらにビフィズス菌の栄養源であるオリゴ糖も含まれています。まさに腸内環境を改善するための専用サプリです。

独自の技術「ハイパープロテクトカプセル」で、善玉菌を生きたまま腸まで届けるのも特長のひとつ。創業120年以上の森下仁丹がつくっているから、安心で安全です。

また、これまでたくさんの方に支持されており、乳酸菌健康食品部門で18年連続売上No.1、さらに販売実績890万個突破という人気の商品でもあります。はじめて善玉菌サプリを試すなら、ビフィーナS を強くオススメします。

腸内環境の改善をしたいけど、食生活や生活習慣を見直すのは大変。とりあえず何かできることはないかな。…と悩んでいる場合は、ビフィーナS をぜひ試してみてくださいね。

更新情報

  • 2015年02月17日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ